藤尾税理士事務所

   介護事業経営研究会文京中央支部

税理士・介護福祉経営士

藤尾智之

昭和48年生まれ。43歳。法政大学経済学部卒。年商3億5千万円の社会福祉法人の元事務長。勤務中に争続を目の当たりにして税理士を志す。税理士試験合格後、大手税理士法人を経て現在に至る。元特養事務長が斬る時事ブログがYahoo!ニュースに掲載され多くの方に読まれる中、YOMIURI ONLINEへの寄稿、文京区社会福祉協議会や三鷹市社会福祉協議会などで講師を務める。横浜DeNAベイスターズファン。

東京税理士会本郷支部所属。

 

介護事業所経営サポート特化の藤尾税理士事務所

 

創 業:平成24年

代表者:藤尾真理子

職員数:3名(うち税理士2名)

所在地

 〒113-0023 東京都文京区向丘1-8-13 プラネックス813ビル3F

 TEL 03-6801-6850 FAX 03-6801-6862

・介護業界出身税理士による介護事業所の経営支援

・Fintech技術を活用したクラウド会計の導入

・チャットワークを使ったきめ細かいアドバイザリーサポート

・介護事業所向けのお役立ちセミナーを毎月開催

・元特養事務長が斬る時事ブログを毎週発信

トップ東京都>文京区:藤尾税理士事務所

介護事業所経営サポート特化の藤尾税理士事務所 電話03(6801)6850

Webサイト

E-mail

Facebook

ご挨拶

 私たち藤尾税理士事務所は、介護事業所の経営サポートに特化している税理士事務所です。社会福祉法人の元事務長の経験を活かして、介護事業所の経営や運営についてサポートを行っています。

 介護業界には、業界特有の用語や商習慣があります。そのため、不慣れな税理士は広く浅い対応が精いっぱいです。一方で、経営者は介護業界のことに精通した税理士と将来の経営について相談したいと思っているのではないでしょうか。経営の黒字化、事業所の差別化、職員の募集や研修、介護保険外事業など経営者の頭を悩ます課題は山積みのはずです。税理士事務所は記帳屋ではなく、経営課題について話ができる真のパートナーとなるべきです。

 私たち藤尾税理士事務所は、まず経営者と共通言語で課題を共有します。そして、来る介護保険制度改革の先をにらんで、今からどんな対策をとるのが良いか、意見を出し合いながら進めていきたいと考えています。

介護アドバイザリーサービス

 毎月の訪問時に経営者から課題をお伺いして解決することがよくあります。しかし、この訪問時に解決という方法は、訪問時までは解決されずにいたことの裏返しです。もっと早くから相談して解決したいと考える経営者は当然いらっしゃいます。

 私たち藤尾税理士事務所は、チャットワークを利用して、関係者をチャットワークにある秘密の会議室に登録します。登録された関係者は、いつでも好きな時にその秘密の会議室を使って、疑問や問題を投げかけることができます。担当税理士は、事務所でも外出先でも空いている時に応答いたします。チャットワークではファイルの交換やタスク管理もできるため、やりとりもスムーズでメールより操作も簡単です。新たな関係者が登場した場合も、その秘密の会議室に登録すれば、過去の履歴を全て閲覧できるため、申し送りや引き継ぎも不要となり非常に効率的です。

創業支援(介護事業所の開設支援)

 介護現場で長らく働いているうちに、自分でも介護事業所を開設したいと思う方は結構多くいらっしゃいます。ところが、そう思い立っても何をすれば良いのかわからないことだらけです。さらに、事業計画や融資の相談など初めて取り組むにはそのハードルは高く険しいものです。その他、法人の設立、許認可申請のように労力や時間をかけて自分でやるよりも、専門家にまかせてしまった方がはるかに確実で短時間でできることもあります。

 私たち藤尾税理士事務所は、独立開業を目指す方には、経営者にしかできないこと―理念やビジョンの策定―に専念して欲しいと願っています。経営は、経営者の方針に尽きるからです。ぶれない経営方針は将来、職員を守り、利用者を守り、事業所を守ります。5年後には独立開業して良かったと心から思えるように全力でサポートさせていただきます。

税務・会計効率化支援

 ICTの活用により会計分野はすでに効率化が始まっています。経理処理が自動化され、試算表の作成が迅速に行われるため、経営の指標として利用できます。事業計画と実績との乖離についてPDCAをしっかり回すことで、早めの修正が可能です。

業務効率化支援

 機械やAIができることは機械やAIにまかせて、人間にしかできないことに集中・専念できれば、効率化と生産性の向上が可能です。例えば、手書き書類をなくしてデータ化すれば入力時間の短縮と転記作業がなくなり、残業が減ります。職員は家に早く帰れて休めたり、余暇を楽しんだりと自分の時間が増えます。リフレッシュできた翌日は、元気に出勤し、一日笑顔でご利用者と過ごすことで、職場の雰囲気もぐっと良くなります。職場の定着率アップにもつながります。

 Copyright 2015 e100sen.com. All Rights Reserved.

 Copyright 2015 e100sen.com. All Rights Reserved.