税理士法人SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・コンサルティング

代表社員 税理士 柴田 昇

昭和39年8月7日、京都府生まれ。昭和62年、大阪学院大学卒業。平成3年2月、税理士登録。平成6年12月、事務所開設。

SBCグループは、創業23年になります。30歳の夏に突然独立を決意し、 お客様に成功してもらいたいという思いで、走りに走り続けてまいりました。今では、おかげさまで関東・関西・東海地域を中心に1900件超のお客様をサポートさせて頂き、元氣なスタッフと日々精進しております。近畿税理士会北支部、他。

 

大阪オフィス

大阪市北区太融寺町3-24 日本生命梅田第二ビル3階

TEL 06-6315-1819

東京オフィス

渋谷区神宮前6-19-13 J-6ビル9階

TEL 03-5468-3336

横浜オフィス

横浜市神奈川区鶴屋町2-26-4 第3安田ビル2F

TEL 045-548-9009

名古屋オフィス

名古屋市中区丸の内2-19-25 MS桜通ビル6F

TEL 052-203-1112

浜松オフィス

浜松市東区天龍川町100

TEL 053-463-3555

湖西オフィス

湖西市入出570-1

TEL 053-578-0358

上海オフィス

昇道商務諮詢(上海)有限公司

上海市黄浦区魯班路600号

江南造船大厦19楼1910室

TEL 021-6023-2611

 

・創業23年、信頼のお客様数1,958件(平成28年4月1日現在)。

・総勢123名のスタッフによる専門特化型コンサルティング。

・経営計画の策定支援コンサルティング。

・ひ孫の代まで見据えた事業承継・相続対策。

・国内6拠点、海外1拠点から日本全国を元氣に!

・目指すは日本の黒字申告割合60%!

トップ近畿地方>大阪府:税理士法人SBCパートナーズ

社長が元氣になれば会社は良くなる

税理士法人SBCパートナーズ 電話 06(6315)1819

Webサイト

E-mail

Facebook

twitter

中小企業の黒字化が使命!目標は全国平均60%

 国税庁の発表する黒字申告割合の全国平均はここ数年では約30%となっています。10社に7社が赤字となっている要因の一端は、節税に傾倒しすぎる会計事務所にもあると考えています。本来、中小企業の黒字化をサポートすべき会計事務所として、黒字申告割合を増加させて強い日本を創ることは最大の使命です。

 具体的には、黒字申告割合の全国平均を10年間で60%にまで増加させることを目標としています。利益を出して納税をすることで会社に資金は留保され、結果として強い会社となります。税理士法人SBCパートナーズは「節税」を武器に、強い基盤を持つ会社を創ります。

経営計画作成コンサルティング

 税理士法人SBCパートナーズでは、この10年間で新たに1500社以上のお客様の顧問をさせて頂いています。ご支持を頂いている理由として「申告書の作成だけでなく、経営計画についてのアドバイスがあるから」とのお声を多く頂いています。

 経営計画の支援は何も数字の話だけではありません。当然〝利益”は重要ですが、〝理念”と併せて経営の両輪を成すものです。予算の作成支援や、毎月会社の数字を確認する戦略的会議の運営支援で“利益”創出のサポートをします。

 一方で、朝礼や社内講話、幹部合宿などの仕組み創りを支援することで全社員への“理念”共有を実現します。こういった会社の根幹となる部分のコンサルティングを基軸に、中小企業の成長を応援します。

ひ孫の代まで見据えた事業承継・相続対策

 1. 財産分割、2. 納税資金の確保、3. 節税対策という順序が正しい相続対策の王道といえます。しかしこの順序を誤ったことにより争族問題に発展したケースも、世の中には多く見受けられます。

 円満な相続を一件でも多く実現するために、税理士法人SBCパートナーズではまずは現状把握からスタートして、公正証書遺言の作成や生前贈与などの方法によりお客様のニーズに応えています。家族構成や財産の種類によりオーダーメードが必要な事業承継・相続対策に関して、ひ孫の代まで見据えたプランニングをご提案しています。

複数拠点の強みを活かして日本全国の中小企業を元氣にする!

 国内6拠点(大阪・東京・横浜・名古屋・浜松・湖西)、海外1拠点(上海)から、国内外を問わず中小企業のサポートをしています。

 例えば関西に本社を置く企業の東京進出や、全国各地に相続人がいるケースの相続案件についても、複数拠点のアドバンテージを活かしてトータルサポートを行っています。将来的には47都道府県の全てに拠点を持ち、日本全国の中小企業を黒字化して地域経済の発展に貢献し、雇用の場を創出することを通じて、元氣な日本を実現します!

 Copyright 2015 e100sen.com. All Rights Reserved.

 Copyright 2015 e100sen.com. All Rights Reserved.

 国税庁の発表する黒字申告割合の全国平均はここ数年では約30%となっています。10社に7社が赤字となっている要因の一端は、節税に傾倒しすぎる会計事務所にもあると考えています。本来、中小企業の黒字化をサポートすべき会計事務所として、黒字申告割合を増加させて強い日本を創ることは最大の使命です。

 税理士法人SBCパートナーズでは、この10年間で新たに1500社以上のお客様の顧問をさせて頂いています。ご支持を頂いている理由として「申告書の作成だけでなく、経営計画についてのアドバイスがあるから」とのお声を多く頂いています。

 1. 財産分割、2. 納税資金の確保、3. 節税対策という順序が正しい相続対策の王道といえます。しかしこの順序を誤ったことにより争族問題に発展したケースも、世の中には多く見受けられます。

 国内6拠点(大阪・東京・横浜・名古屋・浜松・湖西)、海外1拠点(上海)から、国内外を問わず中小企業のサポートをしています。